風力発電とは

風力発電は太陽光発電などの自然エネルギーなどと一緒で、半永久的に電気を発電することができます。風によって風車をまわし、発電機を動かすことによって電気を作ります。さらに今ある高性能のプロペラ型風車は風の力の約40%を電気エネルギーに変換できます。(現在、太陽発電は20%以下)

風力発電全体に言える特徴

風力発電は自然の風しか必要とせず、原子力や火力のように後にCO2や放射性廃棄物など自然破壊につながる要素が出ない、安全でクリーンな発電システムです。他にもたくさんの利点があり、実際に実用もされていますが、その中で色々な欠点も出てきているのが現状です。

CO2 を排出しない

▶半永久的に発電が可能

▶発電機のコストが安い

小型風力発電のしくみ

一般的に小型風力発電の仕組みは下図のようになっております。

 ① 風の力で風車を回し、その回転運動を電気に変換します。

           ↓
ここで発生した電気は不安定な交流電力のため家庭では使用できず、売電もできません。
そこで②の制御盤と③の風力インバーターが必要になってきます。
           ↓
② ①で発生した不安定な交流電力を安定した直流電力に変換します。
           ↓
私たちが使用している電力は一般に交流電力であり、このままでは
電力会社は買い取ってくれません。
           ↓
③ ここで、売電できるように交流電力にへと変換されます。
  さらに送電ロスを抑えるために電圧を上げる作業もここで行われます。
           ↓
④ 電力会社の送電網である電力系統に接続し、③で作った電気を送り売電されています。
 風JINは制御盤・風力インバーター・基礎・タワーがセットになった価格で販売しております。
弊社は施工も行っております。